交通事故での検査(MRI)


交通事故では、基本的に整形外科ではレントゲン写真を撮り、骨に異常がないかを確認します。
交通事故から初期の段階では問題ないのですが、骨に異常がなくとも首や腰などの痛みが強ければMRI検査を受けることが望ましいです。
レントゲン(X線)は「骨に異常があるか否か」を判断するもので、靭帯や靱帯の異常はMRIでなければ確認することができません。
MRIの検査は遅くても事故から3ヶ月以内が理想的です。
MRI撮影は、後遺障害申請の際には必須です。

交通事故後の流れや、転院相談、後遺障害に関する相談も受け付けております。

いつでも下記をクリックしてください。












西武新宿線武蔵関駅北口から徒歩30秒

フェリス整骨院・マッサージ院(武蔵関駅院)交通事故治療院

東京都練馬区関町北4-4-5-1F

東伏見,大泉学園,上石神井,マッサージ,交通事故治療,肩こり,腰痛,むちうち治療,膝痛,整体(骨盤矯正),健康保険,労災,接骨院

https://musashiseki-seikotsuin.jp