交通事故においては被害者側が補償を受ける根拠提示する必要有り


原則として、交通事故で補償を受ける時には、被害者側が「補償を受けるべき根拠」を証明する必要があります。

交通事故で受けたケガの治療中に、保険会社から「治療打ち切り」を言い渡されることがあります。

しかし、交通事故治療では、継続して治療がする事の必要性を保険会社に対して主張しなければなりません。

それは、病院や整形外科、整骨院の判断になります。

被害者であろうとも、「損害賠償を受ける際は被害者側が補償を受ける必要性を立証しなくてはならない」と法律で定められています。

交通事故の知識が乏しいと、治療においても、受け取れる金額においても、損をしてしまう事が多々あります。

無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。












西武新宿線武蔵関駅北口から徒歩30秒

フェリス整骨院・マッサージ院(武蔵関駅院)交通事故治療院

東京都練馬区関町北4-4-5-1F

東伏見,大泉学園,上石神井,マッサージ,交通事故治療,肩こり,腰痛,むちうち治療,膝痛,整体(骨盤矯正),健康保険,労災,接骨院

https://musashiseki-seikotsuin.jp